雑誌『FQKids』 創刊号 掲載

小林ホールディングス未来への展望

夢中で遊んでいるうちに自然に身につくバランス感覚

スポーツトイのリーディングカンパニーとしてヒットを数々飛ばし続けるラングスジャパン。
同社から日本先行販売される「リップスクート」で、子供たちが人生初”スクーター”チャレンジ!
「バランス感覚」と集中して取り組む「やり抜く力」を鍛える最新スクーターとは?

乗れた!という自信がバランス感覚と自尊心も育む

ラングスジャパンから、米国で100万台以上リップスティックを販売するUSAレーザー社の最新アイテムが今秋登場する。ラングスジャパンは、USAレーザー社の公式認定日本輸入代理店。日本市場での販売実績に本国から寄せられた厚い信頼の元、日本だけが許された小林美紀氏によるオリジナルデザインに加え、
世界に先駆け日本が発売。その最新アイテムが2歳半から乗れるスクーター『リップスクート』だ。
2歳児の運動の発達といえば、「両足ジャンプ」や「小走り」が目安だが、2歳の子供が身体のバランスを操作し、デッキに片脚立ちして地面を勢いよく蹴るなど本当にできるのだろうか。
「私は商品を世に送り出す時に考えるのは、売れるかどうかではなく、子供たちの発達にどう役立つか。この商品の場合は、リップスティック(キャスターボード)に乗る前にバランス感覚を身につけるうえで最適なアイテム。だからリップスクートとリップスティックを統一感あるデザインにして、
子供たちがさらに上へ自然と挑戦したくなる仕掛けを作りました」(小林社長)
その言葉を証明するように、今回のキッズモデル2人は、目の前にあったリップスクートを自ら手にとり、誰から教わることもなくバランスを調整しながら、夢中で遊び始め、なんと撮影中で乗りこなしてしまった。人生初のスクーターであるにも関わらずだ。この体験は彼らの一生の思い出となり、バランス感覚の土台を作ったことだだろう。さらに集中して取り組む「やり抜く力」も醸成され、「乗れた!」という経験によって自尊心も育まれた。
「リップスクートは乗りやすい大きなウィールで安定走行できるので、遊んでいるうち今回のモデルさんたちみたいに必ず乗れるようになります。すると自然に次はもっと難しいリップスティックに挑戦したくなっていきます。
リップスティックは、スケートボードのように地面を蹴りながら進むのではなく、重心を前後にかけながら前進と方向転換する次世代ボード。プロのサーファーやスノボー選手たちにも愛用される本物志向のスポーツトイです。荷重は79kgあるので、パパママも一緒に遊べますよ。」

写真:松尾夏樹 文:脇谷美佳子

※株式会社アクセスインターナショナルより許可を得て掲載しています。